活用方法

活用方法

Share. LABでは、120度以上の高温による殺菌処理が可能です。レトルト食品の製造、小規模・低価格によるOEMを実現することができます。例えば、お店自慢のカレーをレトルト食品にすることができるので、商品開発に手軽に取り組むことができます。他にも、高温に耐えられるものであれば、無添加・無菌・長期保存が可能なレトルト食品が製造できるのです。

 

また、和歌山県新宮市にあるShare. LABの工場には、惣菜製造・飲食店の許認可を取得したキッチンを併設しています。その場で、調理や試作が可能なので、味や量を調節しながら、何パターンも試作をすることができます。そのため、商品開発や社員研修などにも幅広くご利用いただけます。

 

さて、このShare. LABのもう一つの活用法は、食品以外の殺菌・滅菌処理。
例えば、お子さんが小さい頃に大切にしていたクマのぬいぐるみ。耐熱用の袋に入れて殺菌・滅菌処理すれば、無菌の状態を保ったまま、将来に残すこともできます。専用の袋に入り、高温に耐える物であれば、どんな物でも滅菌処理してご返送いたします。あなたの滅菌したいものは、何ですか?

弊社へのお問い合わせはこちらから